サイエンティフィックランゲージの強み|学術・研究専門の文字起こし・データ入力|テープ起こし依頼プラス

サイエンティフィックランゲージの強み|学術・研究専門のテープ起こし(文字起こし)・データ入力のご依頼ならテープ起こし依頼プラスへ

テープ起こし・データ入力のテープ起こし依頼プラス

0298610801

お問合わせ

SSL グローバルサインのサイトシール

サイエンティフィックランゲージの強み


研究効率を高める『高品質テープ起こしサービス』

皆様の研究活動において多くの機会に実施される学会やシンポジウム、あるいは調査のためのインタビューやヒアリング。
これらをどのように記録し、どのように報告書・論文執筆に活用していますか?
ご自身が思い描く文章にできるだけ近い形で文字に書き起こす、それを外注に依頼することができれば、研究における利便性は飛躍的に向上します。
学術・研究分野をメインフィールドにしている弊社だからできる『テープ起こしサービス』の特色について紹介いたします。

◆精度の高いテープ起こしに必要な3つの工程

「論文や研究報告書を書くための資料として、音声だけだと参考にしづらいが、テープ起こしで文字にすることで参考にしやすくなった」―――
『テープ起こしサービス』のご利用者様からはこのような声をよく聞きます。
テープ起こしとは、学会やシンポジウムでの講演、ディスカッション、もしくはインタビューやヒアリングなど音声・映像データから内容を文章に書き起こす作業のこと。
ICレコーダーやスマートフォンで手軽に録音できることから、その場でメモに書き取るよりも正確に、そして詳細に内容を記録できる手法として、研究活動におけるさまざまな場面で広く用いられています。

  • シンポジウムの報告書作成
  • 委員会の議事録作成
  • 論文執筆の資料としてのインタビュー、ヒアリング内容の文字化
  • 講義、セミナー内容を書籍化するための元原稿作成

音声を文字に書き起こすことで全体の論旨や仔細な機微も把握しやすく、内容を詳しく参照したり、原稿作成に活用したりする際の利便性が高まります。
その反面、発言を一字一句聞き取って文字として入力するのは大変な手間と時間が必要で、テープ起こしの作業には実際の音声の何倍もの時間がかかってしまいます。
そのため、少しでも研究に充てる時間を増やそうと、テープ起こしを外注に依頼することは広く行われております。

ところが、テープ起こしを外注に依頼することをためらう研究者は少なくないようです。

理由はテープ起こし原稿の品質。
折角外注に依頼したのに、「専門用語が間違っている」「誤字・脱字が多い」ということがあれば、原稿の確認に多くの時間を費やすことになってしまいます。

そこで、多忙を極める研究者の皆様に代わって信頼してテープ起こしをご依頼いただけるよう、弊社の『テープ起こしサービス』では品質をできる限り高めるためにさまざまな工夫を凝らしています。
その一つが納品までに行う下記の3工程です。

  • 1.1次作業者による、音声を聞きながらの原稿作成
  • 2.校正担当者による、音声を聞きながらの文章校正
  • 3.ツールを使用した、誤字・脱字の修正及び表記の統一

原稿作成にあたるのは人文科学・社会科学・自然科学など、各分野で経験を積んだスタッフ。
内容理解まで含めて適切な文章に仕上げます。
さらに校正担当者が実際に音声を聞きながら、聞き間違いがないか、専門用語が正しいかを資料やインターネット検索も参照し徹底的にチェックします。

◆目的に応じた仕様で仕上げます

さらに一歩進んだ「高品質」として弊社が考えているのが、起こした原稿の使用目的に合わせて、お客様での加筆の手間をできる限り少なくすることです。
せっかくテープ起こしを依頼していただいているのに、納品原稿に加筆作業が必要になっては意味が薄れてしまいます。

具体的な仕様を紹介しましょう。
例えば、話し手の雰囲気をそのまま盛り込んだ原稿にする場合、発言者のクセやムードをそのまま文字に起こした「素起こし」が適しています。
さらに素起こしでは、「えー」「あー」などのケバや明らかな言い間違いを「残す」か「残さない」かをお選びいただけます。
論文執筆の資料となるインタビュー・ヒアリング音声の原稿作成や、対談記事の作成としてよく用いられます。

一方、読みやすさを重視したい場合は、「全文起こし」が適しています。
どの程度発言者の雰囲気を残すか、あるいは読みやすさを重視するかによって「軽く整文」か「しっかり整文」かをお選びいただけます。
ご希望により「だ・である」調に統一することもでき、報告書や各媒体の原稿として適しています。

さらに手を加えて要点だけを簡潔にまとめた「要約」は、概要報告書や広報用の概略として使いやすいように、ご希望のページ数や文字数を指定していただくこともできます。

また、英語やロシア語にも対応しており、英語で行った会議やシンポジウムの記録を日本語で作成したいという場合には翻訳サービスと合わせてご提案させていただきます。

研究以外の大学業務が増加し研究の効率化が求められている現在、工夫を凝らした弊社のテープ起こしサービスは「時間と手間を省くことができる」と多くの研究者の皆様にご好評をいただいております。

料金は音声または映像1時間あたり25,000円(税別)~。
最初の1時間までは4営業日を目安に納品いたします。
テープ起こしの対象となる音声・映像の時間、さらにご要望に応じて料金と納期をご提案させていただきます。
お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

お見積り・ご依頼

お見積り・ご依頼

お見積りは無料で行っております。
お見積り、ご依頼はこちらからどうぞ。

詳しくはこちら

詳しくはこちら